【高配当株】ENEOSホールディングがおすすめな理由|購入のポイントを紹介!

すだまる

「底値付近の高配当株に投資したいのではないでしょうか?」

2023年3月7日現在、ENEOSホールディングスは『悪材料がほぼ出尽くしており、購入のチャンス』と推測できます。

このページでは、ENEOSホールディングス(5020)がおすすめな理由をわかりやすく解説します。

おすすめな理由
  • 業績悪化でも、『減配リスクが低い』
  • 長期的には需要が回復傾向
  • 短期的には原油安で株価下落
    ⇨割安で購入可能
  • 利回り5%となる『440円が買い時』
すだまる

しっかり検討していますが、『投資は自己責任』でお願いします!

あなた自身でも考えて、投資してみてね!

購入におすすめの証券口座

口座開設と取引手数料が無料の『SBI証券』がおすすめ

>>SBI証券を無料開設

アドセンス

事業内容は?|強みや差別化のポイントを紹介

ENEOSホールディングス(5020)は日本を代表する『エネルギー企業』です。

主な事業は「エネルギー事業」、「石油・天然ガス開発」、「金属事業」の3分野です。

どんな会社?
  • 石油元売』で国内シェア5割の最大手
  • 石油の輸入⇨精製⇨販売まで一貫生産
  • 日本以外にも18カ国で事業展開
おすすめポイント
  • 長期的には原油需要は拡大中
  • EV需要を見据えて充電設備の運営権をNECから取得
  • 10年以上減配なし

株価下落の原因と上昇する見込みは?

株価下落の主な原因は以下の通りです。

  • 原油先物価格が大きく下落
  • 利益減少で『下方修正』を発表
  • 約1200億円の減益
すだまる

業績が原油価格に左右される『景気敏感株』だよ!

株価も原油先物価格と同じような推移をするよ!

ENEOSの株価とドバイの原油先物価格を比較すると同じような値動きをしています。

※配当の権利確定などの原因などから多少の違いがあります。

以下の要因から株価は440円付近までの下落で今後は上昇すると推測します。

今後の見通し
  • 利益減少でも配当余力は十分
  • 減配はしない方針(高配当を維持)
  • 短期的には米国の景気後退で需要減少
  • 長期的には人口増加による経済成長で需要増加

配当金を維持できれば、株価は大きく下落しないと推測します。

下方修正後もEPSは46.44円のため、配当性向50%とだしても現在の22円配当を維持できます。

すだまる

利回り5%の440円で積極的に購入します!

長期的には株価も回復しているといくと推測します。

図解でわかりやすく総合評価

図解でENEOSについてわかりやすく紹介します。

注意点や体験談

石油などのエネルギー事業は『差別化が難しい事業』です。

利益率が高くないので、大幅な利益成長は難しいです。

すだまる

ガソリンで考えるとわかりやすい!

少しでも安いガソリンが買われるので価格競争になりがちだよ!

同じような事業で「INPEX」があります。

コロナで飛行機が飛ばなくなって、石油価格が暴落した時に購入しています。

原油価格についてのニュースが流れたら株価を確認

https://utukaisyain.com/bad-dividend-stocks/

まとめ

いい銘柄でも株価変動するため、割安なタイミングで購入しましょう!

割安なタイミングを逃さないために、『優良な銘柄を知ることが重要』です。

以下のページで優良な銘柄を紹介しています。

https://utukaisyain.com/sudamaru_recommended-high-stability-stocks/

他にも株主優待付きの銘柄もおすすめです。

https://utukaisyain.com/high-dividends_shareholder-benefits/

アドセンス
ABOUT ME
すだまる
すだまる
FP・投資家
「うつ病」から復活したエンジニアです。休職中に生活のことを本気で考え、会社に依存しない生き方を模索しています。経歴としては「ファイナンシャルプランナー(FP3級)」「クラウドソーシングで企業案件の金融と副業記事10記事以上執筆」しました。早期退職するために副業や資産運用についての情報を配信しています。
記事URLをコピーしました