企業分析

【2022年おすすめ銘柄】マニー(7730)

こんにちは、すだまる(@sudamaru_toushi)です。

「業績が安定している会社の株を買いたい」

「少しでも配当金が欲しい」

このような方のために、財務状況が安定し、増配に積極的なマニーについて紹介します。

おすすめの理由
  • 高利益率の商品を販売
    営業利益率30%以上
  • 9年連続増配中
  • 財務が安定している
    自己資本比率90%以上
  • 品質世界一を目指す経営方針
  • ロシアの影響は軽微

マニーとは?

マニーは医科と歯科の医療機器メーカーです。

具体的には手術用縫合針、眼科ナイフ、歯科用治療器を販売してます。

  • 世界一の品質以外は目指さない
  • 医療機器以外扱わない
  • 製品寿命の短い製品は扱わない
  • ニッチ市場以外に参入しない
    ※年間世界市場 5,000億円程度以下

マニーの強みは?

長期間売れる商品を提供することを強みとしています。

  • 寿命の長い治療機器のみを開発・生産
  • 長期にわたる品質改善とコスト低減活動の積み重ね

経営を評価され2008年にポーター章を受賞した実績があります。

業績分析

具体的な業績について以下に示します。

売上・営業利益について

直近の売上高は横ばいですが、営業利益率は30%と高利益率の商品を扱っています。

2021年の中期経営計画では5年で営業利益2倍を計画しています。

  • 毎年10%以上の成長を予定
  • 5年で営業利益2倍
  • 10年で営業利益3倍

財務の安定性について

自己資本比率90%以上の超安定企業です。

現金も安定して増加し、営業CFも安定しています。

自己資本比率90%以上の安定した財務状況

利益と配当金について

コロナの影響もあり2020年から利益(EPS)が減少しています。

しかし、配当性向は30%~50%で9年連続増配となっています。

2026年には営業利益を2倍にする中期経営計画を出しています。

コロナの収束とともに、利益・配当金が増加すると推測します。

  • 増配に積極的
  • 配当性向は50%以下

ロシア・ウクライナの影響

2022年の8月の決算説明資料よりロシアによる影響を検討しました。

ロシア、南米、豪州を含めた影響が8%となります。

ロシアのみの影響を考えればそこまで大きな影響はないといえます。

ロシアの影響は少ない

ABOUT ME
すだまる
「うつ病」から復活したエンジニアです。休職中に生活のことを本気で考え、会社に依存しない生き方を模索しています。経歴としては「ファイナンシャルプランナー(FP3級)」「クラウドソーシングで企業案件の金融と副業記事10記事以上執筆」しました。早期退職するために副業や資産運用についての情報を配信しています。