節約・お金の知識

資産を増やすなら貯金と投資どちらがいいの?

こんにちは、すだまる(@sudamaru_toushi)です。

「投資はギャンブル貯金が一番」

「貯金することが一番大事」

こう考えている人にぜひ見ていただきたい内容です。

このページの結論は「貯金より投資すべき」としているからです。

貯金より投資する理由
  1. お金の価値は年々下がっている
  2. 株式全体は成長している
  3. 政府が投資を推奨している

貯金と投資を比較

資産を増やすと考えた場合、貯金と投資どちらがいいかを考えます。

貯金比率の多い日本投資比率の多い米国の資産増加率を比較

日本銀行調査統計局の家計金融資産構成2020年8月21日データから作成

日本は54%貯金しているのに対して、米国は14%しか貯金していません。

日本と米国の資産増加率を比較することで、貯金と投資の優位性を出します。

以下は金融庁が発表した金融資産額の推移です。

投資することで大きく資産が向上したことがわかります。

20年後の資産比較
  • 日本は50を米国は15%を貯蓄
  • 資産は日本で2倍、米国8倍

投資したほうがいい理由

お金の価値について

どんどん物価が上昇して、お金の価値が下がるからです。

チロルチョコで考える物価上昇
  • 昔は10円で購入できた
  • 値上がりして20円になった
  • 当時は100万円で10万個購入できた
  • 今は5万個しか購入できない

お金とは?
  1. ほしいものを手に入れる手段
  2. お金の価値はいつも同じではない

株式の価値について

お金と比較して株式は物価上昇に強い資産です。

物価上昇時は企業の景気がいい傾向があり、株価も上昇するからです。

株式を持つメリット
  1. 配当金が受け取れる
  2. 株主優待がある
  3. 株価上昇が期待できる

預金の金利が0.1~0.001%に対して、株式は数%の利回りがあります。

政府の方針ついて

労働人口が減少するため、将来の年金受給額は確実に減少します。

老後対策として政府が以下のような制度を導入しています。

政府の老後対策
  1. NISA
  2. iDeCo
  3. 企業型確定拠出年金

これらは投資による資産運用制度です。

税金をかけないから、投資をして老後に備えるという内容です。

つまり、資産運用して老後に備えようというのが政府の方針です。

学校の授業でも「投資」が家庭科として導入される予定です。

ABOUT ME
すだまる
「うつ病」から復活したエンジニアです。休職中に生活のことを本気で考え、会社に依存しない生き方を模索しています。経歴としては「ファイナンシャルプランナー(FP3級)」「クラウドソーシングで企業案件の金融と副業記事10記事以上執筆」しました。早期退職するために副業や資産運用についての情報を配信しています。