すだまる
すだまる

高配当投資をしている『すだまる』です。

『月5万円の配当金生活』を達成する再現性の高い方法をどこよりもわかりやすく解説します!

月5万円を達成の方法

はじめに資産運用を学ぼう
お金がないという口癖を無くしましょう!
“今”よりも収入を増やす方法を学べる
Read More
 投資を始める前に決めること
投資をしてどうなりたいかを始めに考えてみましょう!
Read More
証券口座を開設する
無料で株式を購入できる、SBI証券楽天証券の口座開設方法を紹介しています。
Read More
高配当株を購入する
まずは『投資を経験』し、配当金を受け取る方法をおすすめ銘柄付きで紹介しています。
Read More
投資資金を増やす
節約や副業で投資資金を作る方法を紹介しています。
Read More
投資方法と注意点
銘柄分析の方法や失敗事例から失敗しない方法について徹底解説しています。
Read More

お金を『増やす』
PR

【超重要】分散投資とは?|高配当投資には必須の理由をわかりやすく解説

すだまる
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

利回りだけを確認して投資しているのではないでしょうか?

特定の銘柄に偏って投資するのは危険です。

この記事では、高配当株投資に役立つ『分散投資の考え方』をわかりやすく説明します。

分散投資すると?
  • 減配されてもダメージを少なくできる
  • 資産を安全に保つことができる
アドセンス

分散投資とは?|偏った投資をしないこと

分散投資とは1つの銘柄や業界だけに『偏った投資をしない』ことです。

利回りの高い銘柄だけに投資すると減配や無配となった時に大きなダメージを受けます。

『複数の業種』に分散投資することが重要です。

例えば、自動車メーカーのトヨタ、日産、ホンダの銘柄を購入しても分散投資にはなりません

半導体不足のときに、すべての自動車メーカーの業績が悪化しています。

  • 分散投資は業種を分けることが重要
  • 可能な限り銘柄は多い方がよい
    ※10銘柄以上が目安

そうは言っても……少額の資金では複数銘柄の購入は難しいです。

リスクの低い銘柄から買い始め、できる範囲で銘柄を増やしていきましょう!

具体的な分散投資の例

分散するのは
  • 「銘柄」の分散
    →減配しても他の銘柄で補う
  • 「時間」の分散
    →暴落時に購入し、割安で購入
1
一点集中はだめ!

業種を分散する

分散投資は業種別に分けることが重要なため、すだまるは以下のように分散しています。

Diversified investment

現在では、国内の景気悪化の影響を受けにくい銘柄の比率を増やそうとしています。

具体的には、通信関係の『KDDI』や保険を扱う『東京海上HD』などです。

※新NISAへ資産を移行するために大量に売却ているため、今保有している株式資産は600万円程度となっています。

2
資金を全額使うのはダメ

時間を分散する

時間に分散するという考え方はドルコスト平均と言われる手法です。

dollar cost averaging method
出典:THEO
すだまる
すだまる

一度に大量に購入すると、株価が下落し割安になったときに購入できません

割安と思うタイミングで少しづつ買い足しましょう!

割安なタイミングで購入する方法はこちらを参照ください。

分散投資できているのかの確認方法|配当管理を使用

分散投資ができているかは『配当管理』というアプリがおすすめです。

具体例で紹介したような保有銘柄の業界別の比率を確認できます。

アプリのダウンロードはこちら
すだまる
すだまる

無料のため広告が表示されるけど、配当金の管理までできてとても便利だよ!

まとめ

投資を始めたばかりの方には難しいですが、投資をする上でとても大切な考え方です。

利益を重視してリスクを取りすぎないようにしましょう。

投資の方法については以下を参照ください。

マネックス証券
銘柄を『探す』
SBI証券
割安株を『購入』
楽天証券
『保有中』の考え方
教科書
『売却』する

すだまるが選ぶ優良銘柄は以下のページにまとめています。

図解付きで紹介!

複数の銘柄に『分散投資』して、月5万円の配当金を目指しましょう!

アドセンス
ABOUT ME
すだまる
すだまる
FP・投資家
「うつ病」から復活したエンジニアです。休職中に生活のことを本気で考え、会社に依存しない生き方を模索しています。経歴としては「ファイナンシャルプランナー(FP3級)」「クラウドソーシングで企業案件の金融と副業記事10記事以上執筆」しました。早期退職するために副業や資産運用についての情報を配信しています。
記事URLをコピーしました