節約・お金の知識

【節約】固定費を見直して投資資金を確保

こんにちは、すだまる(@sudamaru_toushi)です。

「70歳を超えても働きたくない」

「早期退職して自由に生きたい!」

そう考えているいる人は多いのではないでしょうか??

将来のことためのお金を確保するには固定費の見直しが必須です。

本記事では固定費の見直しを考えている方のための記事で、結論は以下の通りです。

  • 通信費は格安SIM(mineo)に変更
  • 保険の見直しを行う(比較してみる)
  • 節税制度のふるさと納税を活用
  • 余剰金で投資

通信費を見直そう!

携帯料金は一度契約するとなかなか見直さないものです。

しかし、2021年より通信料金が安くなっており、見直しのチャンスとなっています。

大手キャリアよりも、「格安シム」をおすすめします。

格安シムの相場は?
  1. 月額料金は3G以下で1000円程度
  2. 通話料の目安は30秒22円
  3. 通信制限時は0.2Mbps
    ※全く使えない

しかし、改善がすすみお得なプランが豊富に出ています。

大手キャリアで最も安いプランの「ahamo」と格安シム3社の比較です。

20Gまでで絶対に超高速通信しか認めないという方は「ahamo」がおすすめです。

しかし、YouTubeやSNSを使用する程度なら「mineo」です。

mineoがおすすめな理由
  • 通信制限時でも97%が満足
    ※1.5Mbps
  • 480P以下の動画で遅延なし
    ※DVD程度の動画

すだまるは「楽天モバイル」と「Y mobile」を使用しましたが、電波が悪いと感じることはありませんでした。

2022年から「mineo」に変更しましたが、ストレスなく使用できています。

すだまるのおすすめ格安シム

そのほかの格安シムもキャンペーンを行ったりします。

楽天モバイルも1G以下で無料など、今までにないサービスを提供しています。

自分にあったプランを探して、固定費を削減しましょう!!

保険を見直そう!

日本では全ての人が「国の公的医療保険」に加入しています。

そのため、民間の保険に加入しなくても以下の保証が受けられます。

国の公的保険
  1. ケガや病気の通院限度額
    ※高額医療制度
  2. 事故で働けない時の傷病手当
  3. 障害を背負ったときの障害年金
  4. 死亡したときの遺族年金

例えば、子供のいる家庭で月収が25万円の場合は、遺族厚生年金で月に約11.7万円のお金を受け取れます。

詳しい補償内容については別ページを作成中です。

【民間の生命保険がいらない理由】

  • 無駄な支出だから
  • 大きな節約効果があるから
  • 国の公的保険に加入しているから

「どの保険にはいればいいですか?」ではなく「どんな時に保険が必要かを考えよう!」

すだまるの場合は「子育時に掛け捨ての保険が必要か検討する」という考えです。

基本的には不要で、現在すだまるは生命保険には入っていません。

では、本当に必要な保険とは何でしょうか?

公的保険では保証しきれない事故にあったときの保証です。

本当に必要な保険
  • 自動車保険(対人・対物のみ)
  • 火災保険

自動車保険については、対人・対物のみで「車両保険は不要」です。

理由は車の価値は毎年減少するからです。

車両保険を受け取っても、等級が下がり保険料が上昇します。

つまり、車両保険分の料金を貯金すれば、車両保険は不要となります。

すだまるの場合は保険の比較を行い、4万円の保険となりました(オプションは弁護士特約のみ)。

※すだまるは鬱の時に、事故を起こして等級が下がっています・・・

火災保険について
  • 事故や災害での建物・家財を守る
  • 修繕などの高額な費用に備える
  • 他社と比較して安くする

定期的に保険の見直しを行いましょう!!

節税を考えよう!

節税というと難しく感じますが、簡単に節税は可能です。

おすすめの節税は以下の2点です。

  1. ふるさと納税
  2. 医療費控除

楽天市場での「ふるさと納税」がおすすめ

❶はじめに控除額を確認する。
 ※いくらまで購入できるかの確認

控除上限額の確認はこちら⇨

❷楽天市場で「ふるさと納税」と検索

❸「ワンストップ特例」で申し込み

※5件までの購入なら確定申告不要

以上でふるさと納税は完了です。

さとふる」や「ふるさとプレミアム」などのサイトもおすすめ!

自分が使いやすいサイトを探しましょう。

次におすすめするのが医療控除です。

受けた医療によっては控除を受けることができます(お金が返ってきます)。

  • 医療費が年間10万円以上なら控除を受けられるかも!
  • 領収書が必要なので残すこと

医療費控除は「セルフメディケーション」とは併用できないので注意しましょう。

資産を作ろう!!

資産を作るといっても、「資産とは何なのでしょうか?」

すだまるの考える資産は以下の通りです。

資産とは??
  1. 自分の代わりにお金を生み出す
  2. 株式の配当金などの不労所得
  3. 家や車などではない

資産を簡単に定義するために、お金を生む出すものが資産としています。

車などは維持費にお金がかかるので負債と考えます。

※すだまるは書籍「金持ち父さん貧乏父さん」の影響を大きく受けています。

手軽に手に入る資産は株式」になります。

株式による配当金(不労所得)で生活を豊かにしていきましょう。

株式のはじめかたや投資についての説明は以下を参照ください。

ABOUT ME
すだまる
「うつ病」から復活したエンジニアです。休職中に生活のことを本気で考え、会社に依存しない生き方を模索しています。経歴としては「ファイナンシャルプランナー(FP3級)」「クラウドソーシングで企業案件の金融と副業記事10記事以上執筆」しました。早期退職するために副業や資産運用についての情報を配信しています。